グループ
店長

Sound Alfa

スタッフ一同、皆様の音創りのお役に立てればと思っています。音に対するご相談、商品の質問などお気軽にご連絡ください。

サウンドアルファとCAMUROのサウンドクリエイターによる機材情報、レビュー、アクティビティなどを綴った日記はこちらです。
            ↓↓↓

店長日記はこちら

モバイル

カートの中身を見る

カートの中に商品はありません

Feed


CMATMODS Brownieの交換方法



【免責事項】
交換方法を間違えたり工具の使い方を誤ると故障の原因になります。
また鋭利な工具を使いますのでケガをしないよう気を付けて行ってください。
自信の無い方は、ご自分で交換せず、ショップに依頼することもご検討ください。
交換作業による故障・ケガ等、当方では一切責任を負えませんので、
自己責任においてのみ交換されるようお願いします。




以下、順を追ってFET交換の説明をします。

なお、写真はクリックすると拡大できます。


<基板の確認>

基板および取り付け方向が生産時期によって異なります。
お持ちのBrownieの内部をご確認ください。

CMATMODS Brownie 現行品と従来品の基板  
現行品のPCB(2010年末〜現在)  従来品のPCB(2008年〜2010年末) 

*Brownieは米国では2006年から発売されております。当方でFET交換の説明を
 しているものは2008年以降に輸入された上記2種類のみとなります。便宜上、
 Ver.3を現行品、Ver.2を従来品と呼ばせていただきます。

**現行品でも2012と2013で若干違いがあります。2012では「HIGH GAIN 5457」と書かれた
  部分に、予備FETを挿しておく空きソケットが2つありましたが、2013からは廃止となりました。



<用意するもの>
(1)Brownie本体
(2)FET(電界効果トランジスタ)2N5457×2 (2012年中頃まで本体付属)
(3)プラスドライバー: 裏ブタの脱着に使用
(4)ミニドライバー: トリマー調整用(現行品はマイナス、従来品はプラス)
(5)ラジオペンチ: FETの足の曲げを調整したり、FETを外しにくい時に使用
(6)ニッパー: FETの足を切りそろえる

CMATMODS Brownie 現行品と従来品の基板



<手順1>
裏ブタを開け、FETの位置を確認。
CMATMODS Brownie FETCMATMODS Brownie FET


<手順2>
交換用に付属されているFET(2N5457)を2個とも取り外す。
【ご注意】交換用FET(2N5457)が付属されているのは2012年前半までに
 生産された分で、2012年後半以降に生産されたのものには付属されて
 おりません。


▼現行品の場合
CMATMODS Brownie 現行品と従来品の基板
*2013年から空きソケットは廃止となりました


▼従来品の場合
CMATMODS Brownie FET

【2012年後半生産分のBrownieをご購入された方へ】・・・FET 2N5457の入手方法
CMATMODS Brownieで使われているFairchild(フェアチャイルド社)製の2N5457は
生産中止となっており、入手が難しくなっております。通販ですと、この記事を書い
ている現時点(2013/3/14)では、ギャレットオーディオさんに取扱があることは
確認してます。若干数ですが、当店にもございますので、入手困難な場合はご相談
ください。2N5457の足の加工済の状態で送料込み480円でお分けしております。
数に限りがございますので、売切れの場合はご容赦ください。



<手順3>
交換用FET(2N5457)の足を2個とも加工する。

※FET加工が必要となるのは、従来品および2012年後半以降生産の現行品。
 2010年末〜2012年前半に出荷されたものは足を加工した2N5457が付属。

加工前のFETの状態
CMATMODS Brownie FET

FETの足を指でゆっくりと拡げる
CMATMODS Brownie FET
CMATMODS Brownie FET

FETの根元をラジオペンチで軽く固定して足を折り曲げる
CMATMODS Brownie FET
CMATMODS Brownie FET

足を曲げたところ
CMATMODS Brownie FET

足の長さをそろえてカットする
CMATMODS Brownie FET

FET(2N5457)2個とも足の長さは大体こんな感じ。
CMATMODS Brownie FET


<手順4>
交換されるFETをPCB基板から抜く

現行品の場合(FETの型番はMPF102。平らな面は2個とも内向き)
CMATMODS Brownie 現行品と従来品の基板

従来品の場合(FETの型番はJ201。平らな面が向かい合っている)
CMATMODS Brownie 現行品と従来品の基板

指でFETの頭をつまんでゆっくりと垂直方向に抜いてください。

抜けない場合、FETの頭ではなく、FETの足をラジオペンチで軽くつまみます。
抜く場合にFETを前後左右に動かしたり力を入れすぎるとFETの足を痛めたり、
ソケット部分を傷める可能性がありますのでご注意ください。


<手順5>
FET(MPF102ないしJ201)を抜いたソケットに、加工したFET(2N5457)2個を挿す。
この時、FETの方向を間違えないこと。またFETを強く押しすぎて足を折らない
ように注意する。


▼FETの型番は平面に非常に小さい文字でプリントしてあるので、
 外したFETの頭をペンでマーキングしておくと分かりやすいです。
CMATMODS Brownie 現行品と従来品の基板
現行品にはHIGH GAIN 5457と書いた空きソケット(回路にはつながっていない)が
2つあり、ここに取り外したFETを保管できます。

従来品は予備FETを挿すところは裏ブタのチューブなので、FETの足を伸ばさない
限り入りません。従来品から外したFETを保管される場合は湿気が入らないよう
チャック付ビニール袋などに入れてください。


<手順6>
エフェクターをギター、アンプにつなぎ、エフェクトをオンして出音を確認する。

※エフェクターにつなぐ前に必ずもう一度FETの向きを確認してください。
 エフェクトをオフの状態でもジャックをつないだ時点で通電しますので、
 その前にFETの向きを入念に確認してください。

※※エフェクターのレベル、ゲインは0(7時)にして、出音を確認しながら徐々に
   ノブを上げてください。


<出音がおかしい場合>

(1)全く音が出ない場合
FETの方向、電源、ジャック、アンプとギターのボリュームを確認してください。

(2)音が小さい、もしくは、ノイズが出すぎる、歪みすぎる場合
トリマー調整が必要です。トリマーをミニドライバで回しながら、サステインが
一番得られる(音がよく伸びる)ポイントを探ってください。音がつぶれず、
小さくもならないポイントが見つかります。

※当店ではトリマーの調整をFETの電圧値をテスターで確認していますが、
  最終的には実際の音で決めています。


<手順7>
出音が確認でき、トリマー調整も出来たら、Brownieを外し(通電しないようにして)、
裏ブタを閉じます。


再度、出音を確認したらFET交換完了です。


不明点はお問い合わせフォームにてご質問ください。


おすすめ商品